レーザー治療の種類と特徴

レーザー治療の種類と特徴

シミを改善するレーザー治療には、「Qスイッチヤグレーザー(Qスイッチモード)」と「レーザートーニング」の2種類あります。

■Qスイッチヤグレーザー(Qスイッチモード)

皮膚の境目がはっきりしているシミは、レーザーで狙いやすく集中して照射することができます。

肌の深層部から表面までくまなくチェックし、色素異常を感知するとピンポイントで除去します。

レーザーの出力レベルを調整でき、高い出力で当てるとほぼ1回の施術でシミを取り切れるといわれています。

また、シミ以外の皮膚には反応しないため、周りの肌を傷つけることなく施術ができます。

治療対象のシミは、「老人性色素斑」「そばかす」「ADM」に有効です。

レーザー照射時間は、シミの大きさや多さによって変動しますが、5∼30分と短時間で完了します。また、1回の施術の効果で満足できれば通院する必要はありません。

1回の施術にかかる金額は、3,000円∼30,000円と幅があり、シミの大きさや照射回数によって変わります。

施術を終えた後は、入浴もメイクもでき、普段と変わらない生活ができます。

ただし、Qスイッチヤグレーザーを受けると、腫れ、赤み、ひりつき、発疹、ニキビ、内出血といったダウンタイムが発生しますが、施術後、数時間∼2週間以内におさまる軽度ですみます。

■レーザートーニング

肌に優しいパワーで照射することで、メラニン量を徐々に少なくしシミを薄くしていきます。

肝斑は広範囲にぼんやりと浮かぶシミなので、ピンポイントで治療する「Qスイッチヤグレーザー」では対応ができませんが、肌全体のメラニンを薄くするため、肝斑も目立ちにくくできます。

肌にかかる負担が少ないため、安全性が高くダウンタイムもほとんど感じません。

また、レーザートーニングを受けると、顔のくすみが取れて肌色のトーンがあがる効果も期待できます。

施術時間は5∼30分ですが、照射の出力レベルが低いので、シミの改善まで繰り返し施術を受ける必要があり、一般的に、3回受けたころから効果が現れ始めるといわれています。

肌への負担が少ないため、ほとんどダウンタイムはありません。

まれに、腫れや赤みを感じることがありますが、殆どが数時間で落ち着いていくため、とくに注意する必要もなく普段通りの生活ができます。

レーザートーニング1回あたりの料金は、2,500円∼8,000円と幅があり、照射範囲によって異なります。

また、繰り返し施術を受ける人が大半なので、コース料金を設けているクリニックも多くあります。


シロノクリニックblank

 

サイトマップ