光美肌治療フォトシルクプラスの効果

光美肌治療フォトシルクプラスの効果

光治療は波長が短く照射時間が長いのが特徴で、さまざまな肌の悩みを広く浅く治療できます。

特に、フォトシルクプラスは沢山の種類の波長を持っているので、シミの原因であるメラニン粒子に作用するだけでなく、コラーゲン生成の促進や殺菌作用があるため、肌全体を整える効果が期待できます。

このため、顔・ほほ・鼻周りなど広範囲に広がる薄いシミやソバカス、小じわ・くすみ・毛穴・ニキビ跡などを同時に治療することができます。

また、肝斑は、従来のIPL治療だと逆に悪化させてしまう恐れがありますが、フォトシルクプラスは一般的な光治療(IPL)と比べて、シミを取る能力はとても高いため、肝斑の治療も可能です。

気になる安全性ですが、水分吸収の高い950nm以上の波長をカットしているため、レーザーのように肌を火傷するリスクがとても少ないのが特徴です。

また、ダウンタイムも殆どないため、肌に無駄なダメージを与えることなく治療することができます。

副作用については、照射後はほてりや赤み、乾燥が起きることがあります。

まれに水疱が出来ることがありますが、炎症を抑える薬を使用すればすぐに改善されます。

痛みはほとんどなく、肌に輪ゴムを軽くはじかれたような、パチパチとした感覚です。

ただ、ホクロなど色素の濃い部分は多少痛みを感じることもありますが、我慢できる程度の痛さです。


シロノクリニックblank

 

サイトマップ